テキストだけで作成された通常のメールである「テキストメール」に対し、「HTMLメール」はWebページのレイアウトなどに使うHTMLで記述されています。
このため、フォントの色や大きさの装飾、また画像や図・表を使用しての多彩な表現が可能です。視覚で訴えることができるので、ユーザーに対し効果的なアプローチが可能となる一方、メールを受け取るユーザーの環境(メーラー・Webメーラーなど)により思惑通り表示されないこともあるため、配信の際には注意が必要です。このように、受け手の環境を選ぶことや容量の重さなどから以前は敬遠されることが多かったHTHMLメールですが、大手ECサイトなどが積極的にHTMLメールの配信をするようになってユーザーの抵抗感もかなり薄まりつつあり、今後ますますHTMLメールを採用する企業は増えると思われます。
HTMLメールの構成はメール上部の「ヘッダー」、ユーザーへお伝えしたい情報を入れる部分である「コンテンツ」、そしてメールの配信停止方法、個人情報の取り扱いについてなどを記載する「フッター」に大きく分けられます。
HTMLメールとテキストメールの大きな違いは、上記でも述べたように文字だけで作成された「テキストメール」に対し、「HTMLメール」はHTMLで記述されており、フォントの色や大きさの装飾、画像や図・表を使用しての多彩な表現が可能であるという点です。
このため、新商品やサービスの宣伝、時候の挨拶などでは華やかな文字や画像を使用することで大きなアピール効果を発揮できます。ほかにHTMLメールの大きなメリットとして、テキストメールでは取れないメールの開封率を取ることが可能です。しかしHTMLメールのデメリットとして、ユーザーの使用環境によっては制作者が思ったとおりに表示されないことがあるという点があげられます。このため事前のテスト配信・数種類の環境での検証は必須であり、テキストメールに比べると構成・デザイン・コーディング・検証と制作期間も長めに取る必要があります。
したがって今後HTMLメールが配信される機会が増えても、テキストメールの方が向いている場合もあります。
たとえば、ユーザーからのお問い合わせへの返信、また緊急でお知らせしたい案件が発生したい場合など迅速な対応が求められる時にはテキストメールを採用した方が適切といえるでしょう。
Kama

Kama

主にWebコンテンツの制作を担当。