こんにちは、ディレクタスの渡辺です。

8月1日(木)に虎ノ門ヒルズ フォーラムで開催された「Salesforce Connections To You」(株式会社セールスフォース・ドットコム 主催)にブース出展をしました。簡単ではございますが当日の様子をお伝えしますね。

 

会場へ到着すると、おなじみのキャラクター達がお出迎えしてくれました~。

 

スポンサーにディレクタスのロゴ(一番上の右です)。
ディレクタスのブースがある「Expo」へ。

 

ブースは写真のマルのところでした。

 

ディレクタスのブースでは「AI 顧客分析 × SMC」と題し、AI機械学習による自動ターゲット抽出についてご紹介しました。

 

今までMA(Marketing Automation)に設定するシナリオでアプローチすべきお客様は誰なのか?CDP(Customer Data Platform)で統合した顧客データからどうやって最適なターゲットを抽出するのか?経験に基づく推測で設定することが多かったアプローチターゲットを、AI 機械学習を活用することで高い精度で自動的に抽出することができるようになります。

機械学習の領域で豊富な経験と実績を持つ澪標アナリティクス社が予測分析によるターゲット抽出のアルゴリズムを設計し、システムを構築。
ディレクタスがMAのシナリオ設計や実装を支援します。

 

ブースでは澪標アナリティクス社の代表取締役社長 井原氏(写真左)も弊社社員と一緒にご来場者様へ詳細を説明してくださいました。

井原氏が手にしているのは著書「AI導入の教科書」です。
※Amazonはこちら、楽天ブックスはこちら

 

ブースへはたくさんのご来場者様が立ち寄ってくださり、AIについて、One-to-Oneマーケティングについて、様々なご質問やお話しをしてくださいました。
お越しくださいました皆さま、ありがとうございました。

また、今回ご紹介しましたAI機械学習による自動ターゲット抽出の詳細について、ご興味がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

 

渡辺 知子

渡辺 知子

広告代理店勤務を経て、2005年、ディレクタスに入社。 航空会社や電機メーカー、タイヤメーカーなど大手クライアントのEメールマーケティング企画制作やPDCAサイクル運営サポート、コンテンツ企画、WEBサイト運営などを経て、自社のマーケティングに従事。