こんにちは、ディレクタスの榎本です。

6月17日~19日に米シカゴで開催された「Salesforce Connections 2019@シカゴ」の様子をお届けします。

詳しい内容は7月5日(金)開催「Salesforce Connections 2019@シカゴ 報告会」でお話ししますので、ぜひご参加ください!
参加申込はこちらからどうぞ

Connectionsに初参加の私にとって印象的だったのは「Customer 360」と「Datorama」でした。

それぞれに共通する点は内部データ・外部データを問わず連携し『データの一元的な統合』を可能にするというものでした。
「多様な顧客体験」の実現に大きく貢献できるサービスであるとのことです。
現在、顧客の多くは「パーソナライズ」された情報を期待しいるとの調査報告もあり、リアルタイムに反映可能な「高度なパーソナライゼーション」が企業には求められています。

Customer 360

Datorama

「Customer 360」と「Datorama」によって、未来かと思われていた「リアルタイムでのOne-to-One」の実現が目前まで迫っていると感じました。
同時に自動化も加速的に進む見込みであり、今後の仕事への向き合い方も考えさせられました。

詳細は7月5日(金)の弊社主催「Salesforce Connections 2019@シカゴ報告会」にてご報告いたします。
参加ご希望の方はこちらよりご応募ください。

榎本 和弘

榎本 和弘

芸術業界から転身し、2017年4月にディレクタス入社。 Salesforce Marketing Cloud(SMC)を活用し「データ抽出・自動配信設定・ログ抽出・レポーティング」を一貫して運用。 2019年6月現在、SMCでの配信実績は約1,500施策以上。