2016年3月、ディレクタスでは、EC企業 売上ランキング上位100社を対象に、Eメールマーケティング実施状況に関する独自調査を行いました。
こちらでは、各社のメールマガジンのオプトイン/オプトアウト実施方法についての調査レポート
をダウンロードいただけます。

オプトイン/オプトアウトはエンドユーザー様との大切な接点。これからメールマガジンの配信開始を検討している企業様はもちろん、既に配信している企業様も、調査結果をご参考に自社の登録フォームや導線、オプトアウトのユーザビリティなど見直ししてみてはいかがでしょうか。

image_2016_ec100research_contents.jpg

調査概要<オプトイン調査>
  調査目的:EC企業各社のEメールマーケティング実施状況の把握
  調査対象:宏文出版株式会社「月刊ネット販売」2015年10月号掲載
「第15回ネット販売白書」EC企業 売上ランキングの上位100社
ご参考:通販新聞 関連記事
  調査方法:対象100社 各社のWEBサイトについての独自調査
  調査時期:2015年10月~2016年2月末

                                                                                   

調査概要<オプトアウト調査>
  調査目的:EC企業各社のEメールマーケティング実施状況の把握
  調査対象:宏文出版株式会社「月刊ネット販売」2015年10月号掲載
「第15回ネット販売白書」EC企業 売上ランキングの上位100社
ご参考:通販新聞 関連記事
  調査方法:対象100社 各社の配信メールを受信しての独自調査
  調査時期:2015年10月~2016年2月末
※上記期間での配信メールを元に調査

                                                                                   

調査内容
  ・メールマガジンの配信希望可否の選択肢設定
  ・メール送信目的の掲示有無
  ・オプトアウトの実施方法