自社のメルマガ会員などに向け、HTMLメールを配信する企業が増え、表示検証の環境について相談受けることが増えてきました。

メールはWEB以上にユーザーの閲覧環境が多岐にわたること、そして、メールクライアントごとに仕様が異なるため、表示崩れを起こしやすいこと、などの点から、表示検証が非常に煩雑だからです。

さらに、メールクライアントはブラウザのように解析ツールなどで取得することができないため、検証環境の選定が難しいのです。

そこでディレクタスでは、2015年8月、企業やECサイトから配信されるEメールをユーザーがどのような環境で閲覧しているのかを調査しました。以下、簡単に調査結果をご紹介いたします。

閲覧しているデバイスは、パソコン(windows)が89%と最も多く、パソコン以外では、スマートフォンでの閲覧が、iPhone、Android合わせて32.4%となっています。

また、2種類以上のデバイスで閲覧しているユーザーは5割を超えています。

一方、日本の企業を悩ませているフィーチャーフォン(ガラケー)での閲覧は、今回の調査では4.8%にとどまりました。

パソコンでの閲覧環境については、「WEBメールをブラウザで閲覧」が最も多く32.6%、続いて「Windows Live Mail」が16.8%、「Microsoft Outlook」が16.2%となっています。

「インターネット白書2010(インプレスジャパン)」の調査では当時32.7%を占めていた「Microsoft Outlook Express」は、2014年4月にWindows XPのサポートが終了したことにより、今回の調査では8.8%となっていました。

{{cta(‘6c16c60f-825d-47e3-ab18-fee13d6f2338′,’justifycenter’)}}

 調査概要 

    •    調査目的:一般ユーザーの企業からのEメール閲覧環境の実態把握
    •    対象者:企業やECサイトからのメール受信者
    •    調査方法:インターネット調査
    •    回収サンプル数:1,000
    •    調査時期:20158

 調査内容

  •    メール受信者の閲覧デバイス
  •    属性ごとの閲覧デバイス
  •    パソコンでの閲覧環境
  •  スマートフォンでの閲覧環境
  •  受信メールアドレス

{{cta(‘6c16c60f-825d-47e3-ab18-fee13d6f2338′,’justifycenter’)}}

news151029